コラム
 
 
 
仕事の知恵袋
 
     
 
2013年12月16日 メンバー全員がリーダーと同じ気持ちの組織



フォロワーシップという言葉があります。

分り易く説明すると、組織・リーダーに対するメンバーの主体的協力です。

メンバーが目的を共有するチームを機能させる為に上司やチームメンバーに対して、主体的に働きかけることです。

決して受身で行うことではなく、自律性と主体性がポイントです。

フォロワーシップの提唱者である米国カーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授の調査によると、組織が出す結果に対して「リーダー」が
及ぼす影響力は1〜2割。対する「フォロワー=チームメンバー」が及ぼす影響力は8〜9割にものぼるそうです。

組織改革を始めるのはリーダーですが、完遂させるのはフォロワー=チームメンバーです。

フォロワーシップの効果として

●指示待ち的な姿勢が、自律的に考えて行動する姿勢に変わる

●人間的な好き嫌いに依存することなく、上司と仕事をするようになる

●上司の立場で考えることにより、マネジャーとしての予備的訓練になる

●一匹狼的な動きが、他メンバーと協働する動きに変わる

フォロワーシップとは、メンバー全員がリーダーと同じ気持ちの組織を目指す考え方でもあります。

組織において個々のフォロワーが自律的に動くことで、猛烈な変化のスピードに対応し、「自ら考える組織」へと変わるといわれます。

 
  ●コラム一覧を見る